科学大革命進行中! [現代文明]

物理学ではリサ・ランドールが、空間概念を一新中だ。
数学でも、フェルマーが解かれ、ポアンカレが解かれ、
今リーマンが解かれようとしている。

キー・ワードは、「パラドックスの解消」である。
現実はパラドックスとして理解され、その解消ということが明確となった。
これが人の道であり、ゲーデル・モラルである。

    *。
共通点は、問題を解くのでなく、そのパラドックスを解くのだ。
問題をパラドックスに投影し、そこで問題を処置すると、問題が解かれる。
問題をインダイレクトに処理することだ。

*。
あまりに創造的仕事をすると、人は発狂する。
カントールやニーチェは発狂した。

発狂しないようにするのが、朝永のくりこみ理論だ。
創造性が爆発し始めたら、ゼロ・リセットする。
そうしないと爆発炎上してしまう。

*。
あまりに創造的過ぎると、あらゆることが新語となり、
爆発炎上して崩壊する。

意識の基準があり、現実を維持することだ。
これがくりこみ理論である。

くりこみ理論は、人の発狂防止装置でもあった。

*。
ドイツはヒトラーの独裁政権で、崩壊した。
発狂したのだ。
ヒトラーはドイツの発狂装置であった。

     *。
パラドックスの解消でやると、人は発狂しないで済む。
現実を保存・維持しているからだ。

*。
中国は発狂し、崩壊する。
これは次のブログで解説しよう。

*。
現実で観測されないものは、現実にはない。
この現実性が問題だ。

日本の裁判は、無実死刑の横行だ。
現実で観測されないものに、犯罪を押し付けるからだ。
日本には理性がない。
つまり、日本は発狂している。
即ち、日本には金でだけあって、現実がない。

     *。
現実のない金、これは嘘や妄想でしかない。
これはアウトローであり、サイコパスだ。

日本には現実がない。
それは1Q84が示した。
嘘や空想の愛や魂が、何をしたか。
殺人をやりながら、そこに愛と魂だけを取り出す。
即ち、現実がない。
この恐怖の世界を書いた1Q84だ。

*。
中国は、村上春樹に共振する。
次に中国は何をするか。
発狂する。
殺し合いの世界となる。

中国には現実がない。
金を現実としている。
それは全体でなく、部分でしかない。

*。
部分を全体とする。
即ち、嘘や妄想だ。
アメリカも日本も中国も、このトラップに掛かった。

それを回避する「パラドックスの解消」だ。

     *。
今人文の国家や小説も発狂中だ。
非現実で現実を扱うからだ。

アメリカや日本では、これが嘘や妄想であることが分からないのだ。
即ち、理性がない。
永遠の青春は、嘘や妄想でしかなかったのだ。

ヨーロッパは嘘や妄想を脱出した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます