実存毒入り饅頭説 [現代文明]

実存にはスターリンが入っており、
現存在にはヒトラーという毒が入っていた。

実存も現存在も口当たりのいい食事であった。
でもこれらは使われなくなった。
毒が世界をかき回したからだ。

実存とか現存在はいったいなんだったんだろう。
ただの嘘や妄想でしかなかった。
都合のいいところだけを意識し、都合の悪いところは無意識に放り出した。
ここには理性はなかった。

理性を純粋培養した日本で、それが明らかとなった。

     *。
理性的認識では、第二次世界大戦があった。
それは列強が列強を正当化する嘘や妄想である。

超理性的認識では、
列強が発狂し、周囲が正当防衛しただけである。
第二次世界大戦はなかった。
列強の発狂があっただけだ。

*。
超理性で、世界認識は大きく変わった。

湾岸戦争も、イラク戦争もなかった。
そこにはアメリカの発狂があっただけだ。

理性は毒で甘く上塗りしただけだ。
この仕組みが解読された。

       *。
超理性は、対偶読みの世界であり、表裏合わせて、現実とする。
表と裏のパラドックスを解消する。
これが超理性だ。

都合のいい表と都合の悪い裏を、同時に合わせて考える。
これた超理性だ。

*。
かくして、表だけよくする、詐術を超えた。

善は暴力の一種であること解読した。
このため善を追求した世界は、悪の世界を作った。
それが現代である。

*。
善は毒入り饅頭であった。
悪を甘く包んだだけであった。

善だけを取ることは出来なかった。

善悪合わせたのが現実だ。

     *。
現実で観測されないものは存在しない。
いい気分は現実で観測されない。
即ち、いい気分は、現実に存在しない。

*。
善を追求するニュートン空間は、善悪合わせた量子空間に移行した。
これで毒に騙されなくなる。
国家天動説は、人間地動説に移行した。

毒に騙されない超現代に人類は移行した。
善悪のパラドックスを解消し、人は現実を確保した。

実存や現存在は、嘘や妄想であり、しかも毒入り饅頭であった。

*。
現在も、強欲という毒入り饅頭を食っている。
これが諸悪の根源であることが理解できた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます