新しい時代語 インテグレーション [現代文明]

感情をワクワクドキドキさせる。
これはエリートの思想だ。

日常をワクワクドキドキさせる。
人の気持ちを落ち着け、高ぶらせる。
これが日常性であり、現実性だ。

人間文化の最高傑作は、日常性だ。
これが超理性で解読できた。
これは小津安二郎世界であった。
殆どの監督が、小津安二郎を語るのはそういうことだ。

*。
現実性が、人間文化の泉であった。
やっと現実に焦点を絞れた。
これこそ人が求めた、最後のフロンティアだ。

*。
人の理性は、社会を作った。
社会は弱者を救済した。

社会と国家はパラドックスとなり、その解消が問題だ。
その解消点は、日常性だ。
かくして人は現実を再発見した。

     *。
今までは、現実を忘れ、欲望を開花した。
それはエリートの世界で、弱者を殺す世界だ。

エリート世界が行き詰った。
自分を殺さねばならなくなったからだ。

エリート世界は、自己否定の肯定であり、ガンだった。

*。
ここに現れた現実性だ。
現実が人の表現する場だ。

これが国家天動説の、人間地動説への進化だ。
人類が人間として交わる。
人間の時代が、日常現実として現れた。

*。
感情論は超えた。

日常の静謐が、人間の住む現実だ。
普通であることが、最高だった。

普通は人の全能力を結集して得られる。

     *。
これがファスト・ファッショの意味だ。

普通であることが、人間文化の最高傑作であった。
これをぶち抜いたエリート思想は、崩壊した。
それは人を殺し、略奪する世界であったからだ。

*。
人を殺し、ワクワクドキドキするエリート思想だ。
それは自己否定の肯定のガンであった。

人類は人間地動説に抜けた。
それが現実性の再発見だ。
これが人の生きる世界であった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます