So-net無料ブログ作成

嘘と妄想の意味 [現代文明]

ルネッサンスはコペルニクスが処刑されるなど、
嘘と妄想の児童期であったといえるだろう。

やっと現代になって、現実を再発見した。
嘘と妄想の児童期を脱し、大人になり始めた。
これが日常性の発見であり、
クール・ジャパンは紫式部以前から、生命の現実を生きていた。

    *。
気分を生きる児童期、現実を生きるのが大人だ。
フロイトの快楽原則と現実原則だ。

*。
気分は快楽原則であっても、人の意識では虚数となる。

虚数を使うベクトル世界が開かれた。

*。
嘘や妄想、マネーや金融は虚数だ。
これは現実に存在しない。

    *。
だが現実世界と仮想世界を、
実数と虚数とし、
そのコンプレックスを考える。

両者は平行世界パラレル・ワールドではない。

*。
金融とか妄想は、虚数である。
これは現実の実数世界では、妄想である。

妄想の仮想世界を考えると、虚数と虚数の積は、-である。
妄想や金融を実数化すると、現実には-となる。

妄想や金融は、現実に-として現れる。

*。
これの絶対値を取って、+にして、世界は発振した。
即ち、妄想や金融は、現実を排除した。

*。
これを知れば、現実を演算することが出来る。

     *。
金融や妄想を演算すると、-となる。
現実の破壊要素となる。

現実は複素化された。

*。
その中で現実が再発見された。
これに合わせて、現実が構成されなければならない。

*。
気分は妄想、現実は実数。

気分原則と現実原則。
この違いを知って、現れるのが、現実だ。

それは日常性であった。
即ち、これが実数現実だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。