正しくもないが 間違いでもない [精神現象]

メディアの崩壊は、
正しいともいえないが、間違いでもない世界に落ち込んだことだ。

ここから世界に成立する言論になることもある。
勿論、ならないことの方が多い。

言論が幼稚化した。
言論が発振した。
精神が荒廃した。

言論が、消耗され、退化した。
これがいい気持ち言論の意味である。

    *。
いい気持ちは、自己否定の肯定だ。
いい気持ちは悪魔のお菓子であった。
いい気持ちは人間の否定の肯定だ。
この罠に掛かってしまった。

*。
いい気持ち、幸福や感動は、悪魔のお菓子であった。
これを食べて、人は悪魔屋敷に入った。
そこには、いい気持ち地獄があった。

それが地獄とは理解できなかった。

     *。
日常こそは、人間文化の結晶だ。

こう考えると、それは小津安二郎の世界だ。
この世界は超理性の世界だ。

理性で見ると、エリートがいいとなる。
彼は人類を破壊した。

*。
いい気持ちでなく、日常性が人間文化の傑作であった。
これは超理性にしか見えない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます