So-net無料ブログ作成

刺激と快楽は閉塞感である [精神現象]

日本は刺激と快楽を分離して統合化した。
これが立身出世の仕組みだ。

これで人が立身出世の奴隷・家畜・乞食となった。
これが日本やアメリカを覆う閉塞感だ。

成功物語やアメリカン・ドリームは、専制社会を作った。
青年は心のごく一部にしか自由を持たない。

    *。
専制国家の閉塞感こそは、セックス・麻薬・酒を解放感とした。
人はこれに解放感と幸福感を得た。
そこに心を躍動させた。

閉塞感は、嘘や妄想を生み出した。
それを合理化した、成功物語だ。

*。
日本やアメリカでは、誰もが、刺激と快楽を求めてさまよう。
それは強欲と一括りに出来る。

それが強欲社会だ。
これが閉塞感だ。

     *。
笑い、泣き、騒ぐことは、強欲というガンの苦しみだ。

苦しみに自己を解放する。
これを快楽とする。
これが刺激と快楽のメカニズムだ。

*。
立身出世主義者は、嘘つきだ。
これは「この文章は嘘である」と同型だ。
言葉が被っているので、意味不明だ。

    *。
この刺激は快楽である。
この快楽には刺激が必要である。
刺激と快楽が自己同一化、即ち、発振した。

これが中毒や依存症となった。
抜けられなくなった。

*。
これは超理性を使うとすぐに分かることだ。

表の刺激は、裏の快楽であり、
表の快楽は裏の刺激である。
これがメビウス構造となった。
刺激と快楽のウロボロスが出来た。

これが閉塞感の正体だ。

   *。
その脱出は、成功物語をトンネルすることだ!

この罠に掛かったのだ。

*。
国家は人に閉塞感を与え、人を奴隷・家畜・乞食とした。

これを抜け出る、エントロピーを食べる生き方だ
これは立身出世をトンネルしている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。