人類空間論 [精神現象]

仏教や儒教は、屁理屈である。
世界に定在していない。
世界と自己同一化していない。

従って、これは夢や希望であっても、嘘や妄想の類でしかない。
これは引きこもりであり、世界と引きこもって関わっている。

夢の中に引きこもり、その状態で世界を関わっている。
即ち、現実に定在していない。

    *。
これを日本と中国に見る。

夢が通らないと、
パニックになり、
頑固になって、
相手を破壊する。

*。
西欧の精神医学で言えば、アスペルガー症候群だ。

ここまでいえば、西欧もアスペルガー症候群だ。

*。
人類に世界が開け、人類は適応障害だ。
人類は精神障害に陥った。

ヘゲモニーなぞ、その大規模症状だ。

   *。
国家や自分の思い通りにならないと、
パニックに陥り、頑固に相手を粉砕する。

これがヘゲモニーの正体だ!

*。
皆ヘゲモニーであり、その程度が違うだけだ。

ヘゲモニーはエゴイズムであった。
それは自己自賛のナルシシズムの表現だ。

*。
人類は非ユークリッド空間に展開した。

人類と民族の交点が必要になった。
それが人間性であり、これが世界の不動点だ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます